出展団体の国際協力の活動を見てみよう!

見たいカテゴリーをクリックすると、
該当の団体がご覧いただけます。

農業・漁業・開発分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

NPO法人地球の友と歩む会/LIFE
インドとインドネシアの農村の人々が自然と共生し自立して暮らせる社会を目指し現地と協力して「水・緑・人」をテーマに支援を行っています。10/9~10にオンラインイベント実施予定!詳細はURLをクリック!
特定非営利活動法人ラブグリーンジャパン
今年で30周年を迎える当団体は設立以来、姉妹NGOとともに、ネパールの農村で活動しています。 農業と環境保全の分野で包摂的かつ持続的な活動となるように人材育成及び生計向上を目指しています。
特定非営利活動法人パルシック
人と人が国家の壁を越えて助けあい、支えあい、人間的で対等な関係を築くことを目指して活動するNGOです。民際協力(市民と市民との協力)事業と、コーヒーや紅茶のフェアトレードに取り組んでいます。
特定非営利活動法人環境修復保全機構
本団体は、タイとカンボジアを中心にアジア諸国における「農業的・都市的開発と自然環境との調和」を目指した環境修復保全活動や自然資源の持続的な利活用のための環境教育活動を行っています。
国連開発計画(UNDP)駐日代表事務所
UNDPは貧困や格差、気候変動等の不公正に終止符を打つためにたたかう国連機関です。170の国・地域で人間と地球のために総合的・恒久的な解決策を構築すべく、専門家や連携機関と協業し支援を行っています。
駐日キルギス共和国大使館
キルギス共和国は、日本から西に6,000kmのシルクロードの天空の国です。日本人とキルギス人が兄弟という伝承もあるほどの親日国家です。グローバルフェスタではキルギス共和国の観光と特産品をご紹介します。
経済分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

国際通貨基金
国際通貨基金(IMF)は、国際金融システムや通貨制度の安定を目的に設立された国際機関で、世界の経済成長の促進にも貢献。現在、190か国が加盟しており、経済政策の提言、融資、能力開発を実施しています。
教育・職業訓練分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

日韓アジア基金・日本
当会は、日・韓の若者が協働し、アジアの恵まれない 人たちを支援する中で互いを知り、歴史の壁を超えた いという願いで設立され、カンボジア識字学校支援、日韓の学生の交流会の橋渡し役を主として活動してます。
認定NPO法人 ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)
ブリッジ エーシア ジャパン(BAJ)は、ミャンマーとベトナムで国際協力活動を行うNGOです。BAJの活動は地域住民と話し合いながら進め、住民が自立して生活できるように支援をしています。
NPO法人日本・バングラデシュ文化交流会
活動地はバングラデシュ西南部シャシャ郡。農村に暮らす人々の生活向上を支援して25年、子供たちの健やかな成長を願って住民参画の学校給食、大豆栽培普及、ノクシカタ刺しゅう製品製作販売の事業を行っています。
ルワンダファミリー
ルワンダ虐殺で犠牲となった女性や青年の経済自立支援を目的とした職業訓練校の運営支援と就学困難な生徒の学費支援を行っています。卒業生の雇用創出と生活の質の向上を目指し作品販売、活動報告会を行っています。
特定非営利活動法人ワールド・ビジョン・ジャパン
ワールド・ビジョンは、世界約100カ国で、キリスト教精神に基づいて開発援助・緊急人道支援・アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う世界最大規模の国際NGOです。
モザンビークの学校を支援する会
モザンビークの教育事情の改善、将来を担う優秀な人材の育成を通じてモザンビークの貧困解決に寄与することを目的に、日本の民間援助で開校した「モザンビークの太陽中学・高校」の運営支援を行っています。
特定非営利活動法人ラオスのこども
ラオス語図書の出版や学校図書室などの開設支援により、40年間にわたり、ラオスの子ども達が読書によって世界を拡げ、人生を主体的に選択できるよう、支援をおこなっています。
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会
私たちは、厳しい環境下でも子どもたちが安心して学べるよう、アジアの国々で本を通した教育文化支援や国内外での緊急人道支援を行っています。「教育には人生を変える力がある」と信じ40年間活動を続けています。
(特活)アジアキリスト教教育基金 (ACEF)
30年間バングラデシュのパートナーと共に教育支援を行っています。スタディツアーを通して「共に生きる」ことを考え続けています。その歩みを「SDGs時代の国際協力 アジアでともに学校をつくる」として出版。
(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo)
子どもたちの健康と教育を保障する、その力を地域に住む大人たちがつけるために、南部アフリカ・マラウイ共和国のパロンベ県の初等学校で保護者参加による教室建設を進め、コロナ禍が収束次第、保健研修を実施します
特定非営利活動法人アイキャン
アイキャンは、一人ひとりの「できること」を持ち寄り、貧困・紛争・災害による影響を受けた子どもの能力向上や地域の環境改善に取り組む国際協力NGOです。
特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン
フィリピン、ネパール、スリランカの貧困層の子どもを支援する国際協力NGOです。手紙や成長記録で子どもを見守りながら支援する「スポンサーシップ・プログラム」などを通して、子どもたちの未来を切り開きます。
特定非営利活動法人LOOB JAPAN
フィリピン国際協力NPO LOOBでは「一方的な支援ではなく、現地の人と共に学び成長する」をモットーに、教育支援・生計支援・国際交流を行う。またオンライン学習「SDGs Academia」を展開中。
認定NPO法人シャプラニール=市民による海外協力の会
「誰も取り残さない」「貧困のない社会」を目指して、南アジアと日本国内で活動する国際協力NGO。社会の仕組みから取り残された人々を対象に、児童労働削減や防災事業、フェアトレード等に取り組んでいます。
NGO KAPATID(カパティ)
私たちは、フィリピンの子どもたちの自立を支援するNGO です。設立は1982 年。当時の聖心女子大生が立ち上げてから39年間、スタディツアー、奨学金、幼稚園運営の運営支援の3つの柱で活動しています。
アジア教育支援の会
ESAはバングラデシュとインドの紅茶農園、農村、スラムなど、貧困や社会環境によって人間としての健全な成長に必要な教育を受ける権利を奪われてしまっている子どもたちに教育支援活動を行っているNGOです。
ワンワールド・ワンピープル協会(OWOP)
スリランカの子供と女性を応援。夏ホームスティして幼稚園、井戸作り、手洗いワークショップなど行い、子供と遊び、日本食おもてなし。国内ではカレー、紅茶販売、チャリティーレストランで資金作り。仲間、募集中。
ジャカルタ・ジャパン・ネットワーク
インドネシアの困難な状況に暮らす子どもたちを支援しています。日本からたった7時間しか離れていないのに、子どもたちの状況の違いに驚いたジャカルタでの生活を元に、同じ地球に住む市民として支援をしています。
特定非営利法人 エクアドルの子どものための友人の会(SANE)
南米エクアドルの貧しい子ども達への支援に直接参加するには? ①現地の中高生との手紙交換を通じた奨学金事業、②小学校の菜園と給食を通じた栄養改善事業が進行中。あなたもSANEで国際教育に貢献しませんか?
認定NPO法人 ミタイ・ミタクニャイ子ども基金
私たちは「みんなに優しい社会をつくる」というビジョンのもと、パラグアイ農村部およびスラム地域にて教育支援・女性支援を行っています。日本国内ではフェアトレード販売事業、福祉活動を行っています。
(認定)特定非営利活動法人 国際協力NGO・IV-JAPAN
日本は大宮区、海外は東南アジアのラオスに事務所を構え、青少年のための奨学金支給、職業訓練の実施、スタディツアーや大学生インターン生の受け入れ等の国際協力・国際理解促進のための活動に取り組んでいます。
特定非営利活動法人 JHP・学校をつくる会
当会では、主にカンボジアを中心とした360棟以上の学校建設に加え、音楽・美術科目の教科書・指導書作成、教員育成、楽器の寄贈といった芸術教育支援、成人を対象とした識字教育支援活動に取り組んでいます。
一般社団法人 JLMM
JLMMは誰もが人間らしい営みができる社会をめざし、地域の人々とともに生き、働くことを目的としています。 1982年の設立以降、88名のミッショナリーをアジア、アフリカ、太平洋に派遣してきました。
NPO法人YOU&MEファミリー
バングラデシュYOU&MEインターナショナルスクールは、すべての子どもが自分らしく生きられるよう日本の良さを取り入れた新しい教育の学校です。YOU&MEファミリーはこの学校へ支援をするNPO法人です。
アフリカ理解プロジェクト
アフリカで活動した協力隊員たちが中心となり、国際理解・国際協力を通してグローバルな視野を持つ地球市民の育成をミッションとするNGO。アフリカと日本の活力へとつなげるため、様々な活動に取り組んでいます。
特定非営利活動法人SDGs・プロミス・ジャパン
SDGs達成のために幅広く活動する団体で、これまでにはウガンダにおける南スーダン難民支援やマラウイにおける農民自立支援等を展開してきました。現在は主にガーナにおける職業訓練校建設事業に注力しています。
認定NPO法人開発教育協会(DEAR)
公正で持続可能な地球社会の実現を目指し「知り・考え・行動する」地球市民を育むNGO。ESD、SDGs、南北問題、環境、平和、人権、参加型学習、ワークショップ、ファシリテーションなどがキーワードです。
特定非営利活動法人 シニアボランティア経験を活かす会
当会はJICA海外ボランティア経験者で構成され、海外協力隊を目指す方への支援、小中高校での出前授業、各種講演会、外国につながる子どもたちへの支援等の活動により国際協力、国際理解の増進を目指しています。
認定NPO法人日本雲南聯誼協会
雲南少数民族地域の学校建設から始まった当協会は今年で21年目を迎え、小学校建設、少数民族女子生徒の支援や、日本と雲南の大学生を対象とした国際交流事業および人材育成事業等の教育支援を行っております。
特定非営利活動法人Alazi Dream Project
NPO法人アラジは、西アフリカのシエラレオネ共和国で最貧困家庭の子どもの教育支援・就労支援に従事する国際協力NGOです。
一般財団法人日本国際協力センター
JICEは1977年の設立以来、主に国の発展を担う人材の育成を支援してきました。日本の知を世界へ、未来へとつなぐ。JICEはこれからも「人材育成のプロ集団」として国際協力・交流の一翼を担っていきます。
保健・医療分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

特定非営利活動法人ウォーターエイドジャパン
ウォーターエイドは1981年に設立された水・衛生専門の国際NGOです。「すべての人々がすべての場所で、清潔な水とトイレを利用し、衛生習慣を実践できる世界」を目指し、世界34か国で活動しています。
パレスチナ子どものキャンペーン
パレスチナやレバノンで難民の子どもたちや女性、障がい者を中心に、保健医療、教育、緊急支援等を実施。現地の様子や活動を伝えるため、国内では講演や出前授業、フェアトレード事業などを行っています。
公益財団法人国際開発救援財団
FIDRは、カンボジア、ベトナム、ネパールで子どもたちが健やかに育つことのできる社会づくりを行っています。農村で衛生環境の改善に取り組んできたほか、カンボジアで30年近く医療支援を継続しています。
世界の医療団
世界の医療団は人道医療支援団体です。「医療支援」と「証言」の2つを使命に、国籍、人種、民族、思想、宗教などのあらゆる壁を越えて、世界各地で医療から疎外された人々の支援にあたります。
特定非営利活動法人ピープルズ・ホープ・ジャパン
アジアの途上国の人々の自立に向けて「保健・医療の教育」を中心とした支援活動に取り組む国際協力NGOです。主に母子保健分野において継続的な教育支援活動を行っています。
認定NPO法人 世界の子どもにワクチンを 日本委員会
ワクチンで助かるちいさな命を救いたい 世界でワクチンがないために命を落とす子どもは20秒に1人。 私たちは途上国の子どもたちにワクチンを贈り、子どもたちの未来を守る活動を行う民間の国際支援団体です
特定非営利活動法人AMDA社会開発機構
AMDA社会開発機構は、人づくり村づくりを通じ、世界の貧困地域で暮らしの改善に取り組んでいる認定NPO法人です。SDGsについて学べるオリジナルアニメなど、多彩なコンテンツをお楽しみ下さい!
公益財団法人ジョイセフ
いつ、どこにいても女性が、自らの意思で自分の人生を選択できる世界を目指して。ジョイセフは、アフガニスタン、ミャンマー等でのSRHR支援活動をはじめ、人口・保健分野における国際協力を推進しています。
特定非営利活動法人HANDS(ハンズ)
HANDSは保健医療の仕組みづくりと人づくりを通じて、世界の人々が自ら健康を守ることが できる社会を実現するために行動します。現在、ケニア、パプアニューギニア、シエラレオネで活動しています。
特定非営利活動法人ISAPH
開発途上国での保健医療協力を実施する団体として、一人ひとりが自分の健康を「自分の問題」として理解し、予防できる病気などから自らを守っていけるように、人と地域を育てることを目指しています。
NPO法人メータオ・クリニック支援の会
当会は、タイ北西部にあるミャンマー移民・難民のための診療所「メータオ・クリニック」を支援しています。2008年の設立以来、医療人材派遣、医療・看護技術支援、設備投資など様々な活動に取り組んでいます。
特定非営利活動法人シェア=国際保健協力市民の会
シェアは、日本で1983年に結成された国際保健NGOです。すべての人が心身ともに健康に暮らせる社会を目指し、“いのちを守る人を育てる”保健医療支援活動を、カンボジア、東ティモール、日本で進めています。
公益社団法人日本キリスト教海外医療協力会
日本初のNGOとして1960 年に設立された日本キリスト教海外医療協力会は、イエス・キリストの教えに従い、困難の中にある人々の健康といのちを守り、人々と苦悩・喜びを分かちあうことを使命としています
帝京大学大学院 公衆衛生学研究科 
通称SPH、公衆衛生学研究科は人々の健康のために世の中を変えていく力をもった現場のプロフェッショナルを育てるための専門職大学院です。国際保健学はじめ教職員・学生が一丸となって様々な活動を進めています!
国立国際医療研究センター国際医療協力局
私達は、地球上のすべての人々が 健康な生活を送ることが等しくできるような世界を目指し、 低中所得国をはじめとする世界の保健向上のために専門性を提供し、 また、我が国にその経験を還元します。
飢餓・災害分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
ピースウィンズ・ジャパン(PWJ)は、紛争や災害、貧困などの脅威にさらされている人びとに対して支援活動を行うNGOです。1996年に日本で設立され、これまでに世界34カ国で活動してきました。
特定非営利活動法人栄養不良対策行動ネットワーク
発展途上国の栄養分野で活躍する人材・専門家の育成、開発支援活動の実践、パートナーシップ強化とネットワーク構築を進め、その経験・知見を蓄積・共有・活用することで国際栄養分野に貢献することを目的とする団体
国連WFP協会
国連WFP協会は、飢餓と貧困の撲滅を使命とするWFP国連世界食糧計画を支援する認定NPO法人で、日本におけるWFP国連世界食糧計画の公式支援窓口です。
特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム
NGO・経済界・政府等が対等なパートナーシップのもとに連携し 、国内外の自然災害の被災者や紛争による難民などの支援を効果的かつ迅速に行うことを目的とした緊急人道支援組織です。
NPO法人ハンガー・フリー・ワールド(HFW)
HFWは飢餓のない世界をつくるために活動する国際協力NGO。HFWは「食料への権利」の実現をめざし、アジア・アフリカの4ヵ国で住民自身が主体となって飢餓のない地域づくりを行えるよう、後押ししています。
環境分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

公益財団法人オイスカ
主にアジア・太平洋地域で農村開発や環境保全活動を展開。人材育成に力を入れ、研修を修了した現地の青年は、各地で地域開発に取り組んでいます。国内では、農林業体験やセミナー等を通して啓発活動を進めています。
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
コンサベーション・インターナショナル(CI)は、自然環境保全を通じて持続可能な社会の実現を目指す国際NGOです。科学的知見と実践に基づく戦略とパートナーシップの下、70以上の国と地域で活動しています。
NPO法人ヒマラヤ保全協会
ネパールにて村落周囲の森林を住民主導で利用・保全し、関連する収入向上プロジェクトにより生活の質の向上を目指す活動をしています。 10/10()13時半オンライン座談会開催!登録〆同日正午)詳細はリンク先で!
特定非営利活動法人サヘルの森
森林の減少が進む西アフリカのマリ共和国で、30年以上にわたり、農村部の住民たちが自身で植え育て、使うことのできる小さな林づくりを支援し、地域資源の再生・保護やそれらを担う人材の育成を行っています。
平和・政治分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

特定非営利活動法人ケニアの未来
ケニアの地域社会で、住民や関係行政機関との連携・協力を通じて、社会的に疎外され脆弱な立場にいる非行少年を始めとする子どもたちの保護や更生・社会復帰のための活動を行っています。
ピースボート
NGOピースボートは1983年に設立され、船旅を通して国際交流をコーディネートしています。世界中で築いてきた繋がりを活かし、核廃絶、災害支援、国連SDGsなどの分野で国際協力や政策提言を行っています。
AAR Japan 難民を助ける会
アジア・アフリカ・中東の各地で難民支援などを展開するAAR Japan。リニューアルしたホームページは、難民居住地の現状や人々の声、日本人駐在員の思いなど情報満載!NGOの活動に関心のある人必見です。
認定特定非営利活動法人日本地雷処理を支援する会
JMASは、カンボジア、ラオス、パラオで地雷・不発弾の除去、ミクロネシアで沈船の油漏れ対策を行っています。また、地雷・不発弾を除去した跡地で道路建設、農地整備等、生活環境の改善を支援しています。
アンコール・クライマーズ・ネット
体験クライミングを楽しみにしていた皆さん、残念! 今年は実際に登ってもらうことはできませんが、カンボジアのクライマーや子供たちの大会、遠征、そして外の岩場の動画や写真をどうぞごらんください。
一般社団法人 広島平和構築人材育成センター(HPC)
広島平和構築人材育成センター(HPC)は外務省の委託を受け、平和構築・開発におけるグローバル人材育成事業を実施しています。本事業は国際的に活躍する人材を養成することを目的とした外務省の人材育成事業です
人権分野

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

特定非営利活動法人 国連UNHCR協会 UNHCR WILL2LIVEムーブメント
WILL2LIVE(ウィルトゥーリブ)は、「難⺠=逆境を⽣き抜く意志を持ち、 困難を乗り越えようとする⼈」として捉え、 ⽇本社会に共感と⽀援の輪を広げていくためのムーブメントです。
FGM廃絶を支援する女たちの会(WAAF)
世界で2億人以上が受けているFGM(女性性器切除)。1980年頃、アフリカの女性達はその廃絶のため立ち上がりました。WAAFは国際支援を訴える彼女達の声に応えて、1996年から支援活動を続けています。
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本
1961年に発足した世界最大の国際人権NGOです。人権侵害のない世の中を願う市民の輪は年々広がり、今や世界200カ国で1,000万人以上がアムネスティの運動に参加しています。
特定非営利活動法人パレスチナの子どもの里親運動
遠く離れていても、心と心がかよう、里親と里子の手紙の交流。なぜ普通の市民の私たちが、パレスチナの難民の子どもたちに長い間支援を続けてきたのでしょうか? ぜひ、特設サイトを見に来てください !
認定NPO法人 フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
カナダの12歳の少年が設立したFree The Children に共感し、日本で活動を開始。国際協力活動と並行し、子どもや若者が国内外の問題に取組むチェンジメーカーになれるよう、エンパワーしている。
特定非営利活動法人ILO活動推進日本協議会
社会正義の実現を通じて恒久平和を達成するというILOの基本理念の普及を目指す。 ディーセント・ワークとジェンダー平等という社会正義の実現に欠かせない国際的価値観を根付かせる活動をしています。
UNHCR(国連難民高等弁務官)駐日事務所
故郷を追われた難民や国内避難民、無国籍者などを国際的に保護・支援するため、多様なパートナーと連携し、世界約135 カ国で活動。1950 年設立。1954 年、1981 年にノーベル平和賞受賞。
(公財)アジア福祉教育財団難民事業本部(RHQ)
(公財)アジア福祉教育財団難民事業本部(RHQ)は、日本政府の委託を受けて、難民の日本での自立定住を支援する団体です。インドシナ難民、条約難民、第三国定住難民、難民認定申請者に対する支援を行っています
その他
(政策提言・アドボガシー
/ネットワーク/多文化共生/その他)

ロゴをクリックすると各団体の公式ホームページをご覧いただけます。

野毛坂グローカル
SDGsの精神「誰ひとり取り残さない」まちづくりを目指して、「途上国と日本の学びあい」「多世代の学びあい」「多文化の学びあい」を実践しています。2021年アジア健康長寿イノベーション賞大賞受賞。
アフリカ日本協議会(Africa Japan Forum)
アフリカの市民・NGOとネットワークを構築し、保健・感染症、農業・食料、熱帯林などに関わる取り組みや政策提言、在日アフリカンとの協働、アフリカンキッズクラブの運営などを行っている。
障害分野NGO連絡会(JANNET)
障害分野の国際協力・交流を行う、市民社会組織のネットワークです。主な活動は情報交換、研究会等の開催で、取り上げてきたテーマは障害と開発、コミュニティベースの活動(主にアジア太平洋諸国)。
ハロハロ
誰もが魅力的に働き生きる社会に向け、「フィリピンと日本で人が主役のまちづくり」を実践中。フェアトレード・マイクロファイナンス・教育・環境・エシカルなまちづくり・啓発など、多様な場で一人一人が活躍中!
国際移住機関(IOM)
国際移住機関(IOM)は世界的な人の移動(移住)を専門に扱う国連機関です。移民への直接支援や関係国への技術支援、地域協力の促進、調査研究等を通じ、移住に関する課題の解決に努めています。(映像にリンク)
国際機関 太平洋諸島センター
日本国政府と 太平洋地域の国際機関である太平洋諸島フォーラムとにより設立された国際機関。日本とフォーラム加盟島嶼国14か国との貿易・投資・観光の 促進を通じ島嶼国の経済的発展を支援している。
青年海外協力隊サモアOB会
サモアが大好き!サモアを知ってもらいたい!などで繋がった仲間と活動しています。当日は「南の島サモア」や「常夏隊員の活動」の紹介、サモアJICA支所とライブ中継」などを行います。是非寄ってみて下さい。
ウガンダ隊OV会
ウガンダ隊OV会はJICA海外協力隊でウガンダへ派遣されていた隊員が中心となり活動しています。国際理解促進に向けたイベントを行い、ウガンダでの協力隊の活動について知る機会を提供しています。
協力隊ケニアOB・OG会
青年海外協力隊、シニアボランティアとしてケニアに派遣され、帰国したJICA海外協力隊の会です。協力隊祭りやグローバルフェスタへ出展しているほか、OB・OGへの支援や、懇親イベント等も行っています。
バヌアツ・ナバンガ ピキニニ友好協会
「バヌアツ・ナバンガ ピキニニ友好協会」は、バヌアツの子どもたちと日本の子どもたちの交流を通して、子どもが「子どもらしく」、そして人間らしく成長する機会を提供したい、そう考えて日々活動を続けています。
国際開発学会
本会は会員相互の交流と協力並びに国内外の関係機関と連携の下、国際開発研究の発展と普及を図ると共に開発教育を推進し、世界の開発課題に貢献し、開発協力に関する国民理解、参加増進を図ることを目的としています
一般社団法人海外コンサルタンツ協会
当協会は、1964年に設立された公益法人で、我が国のODAを中心に海外で活躍する開発コンサルティング企業等の振興を通じ、国際協力の促進に寄与することを目的として活動しています。
一般財団法人ゆうちょ財団
海外で活動するNGOの活動経費の一部を助成しています。本助成を通じて、NGOの活動が現地の人々にどのようにお役に立っているかを幅広くお知らせしています。
一般財団法人日本国際協力システム
私達JICSは調達専門機関としての約150カ国への公共調達実績を生かし、国際協力のインテグレターとして多様なクライアントをつなぎ、持続可能な社会の実現に向けて課題解決に貢献します。
【主催】
グローバルフェスタJAPAN 2021実行委員会

【共催】
外務省、独立行政法人国際協力機構(JICA)、特定非営利活動法人国際協力NGOセンター(JANIC)

【後援】
内閣府、総務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省、防衛省、東京都、千代田区、
(一社)日本経済団体連合会、(一社)日本新聞協会、(一社)日本民間放送連盟、NHK、
グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、(公社)青年海外協力協会、日本国際連合協会東京都本部、
国際連合食糧農業機関駐日連絡事務所(FAO)、国際労働機関駐日事務所(ILO)、国際移住機関駐日事務所(IOM)、国際連合人道問題調整事務所神戸事務所(OCHA)、
OECD東京センター、国際連合開発計画駐日代表事務所(UNDP)、国連人口基金駐日事務所(UNFPA)、国際連合難民高等弁務官駐日事務所(UNHCR)、
国際連合広報センター(UNIC)、国際連合児童基金東京事務所(UNICEF)、UN Women 日本事務所、国際連合世界食糧計画日本事務所(WFP)、国連防災機関駐日事務所(UNDRR)


【お問い合わせ】
グローバルフェスタJAPAN 2021実行委員会
E-mail:globalfesta_info@plan-sms.co.jp